徒然草枕

クラシックのコンサートや展覧会の感想など、さらには山城から鉄道など脈絡のない趣味の網羅

大阪フィルハーモニー交響楽団 第508回定期演奏会

 この週末は大阪地区で開催されるコンサートに出かけることにした。まずは土曜の大フィルの定期演奏会。土曜の昼頃に家を出る。

 昼食は新装オープンとなったフェスティバルゲートの地下で摂ることにする。「鳥料理藤よし」に入店。日替わりランチで豚の生姜焼きを注文。なかなか美味い。これで1000円だったら結構使える。

f:id:ksagi:20190825123139j:plain

フェスティバルプラザ地下の藤よし

f:id:ksagi:20190825123202j:plain

豚の生姜焼きのランチ

 昼食を終えるとホールに入場する。

大阪フィルハーモニー交響楽団 第508回定期演奏会

指揮/ウラディーミル・フェドセーエフ

曲目/ウェーバー:歌劇「オベロン」序曲
        :交響曲第1番 ハ長調 作品19
   チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 作品64

 フェドセーエフは爆演型指揮者のように言われることがあるが、決してそれは正しくはない。実際は結構細かいところに気を回して鳴らしてくる指揮者である。それは一曲目のオベロンに端的に現れている。ここでのフェドセーエフはかなりロマンチックにゆったりと鳴らしてくる。

 二曲目の交響曲第一番は、作曲者のウェーバー自身が「若気のいたり」という類の評価をしているように、やや構成的に散漫さが見られる曲。ここでフェドセーエフはこの曲をオペラの序曲のように聞かせている。こうして聞くと、確かに欠点もあるがロマンチックななかなか魅力的な曲である。

 最後のチャイコフスキーの5番はフェドセーエフの十八番中の十八番。流石に余裕の演奏だが、ここではタップリと艶っぽく聴かせてくる。私は大フィルがこんなに艶っぽい演奏をするのは初めて聴いた。決して自らの手兵ではない大フィルの音色をここまで変化させるのだからフェドセーエフ恐るべしだ。そして最後まで決して煽ることなく、むしろゆったり目のペースで堂々と鳴らしてくる。しかしその演奏がとんでもなく「血湧き肉躍る」演奏となるのである。

 終演後は大盛り上がりで場内は爆発的な歓声に包まれた。そういう点では確かにフェドセーエフは爆演指揮者であるとも言える。

 

大阪のホテル近くの海鮮料理店で夕食

 コンサートを終えるとホテルに移動する。今回の宿泊ホテルは法華クラブ大阪。私が大阪地区で利用するホテルの中では最も高級ホテルである。どうも最近は仕事のせいか異常に体に疲労が溜まっていることもあり、良いホテルでゆったりと過ごしたいと考えた次第。高級ホテルは大阪東の歓楽街近くという非常に「環境の良い」場所に立地している。しかも部屋の窓から見える風景は向かいのパチンコ屋の建物(笑)。このホテルの良い点は朝食が美味いことと大浴場完備であること。

 チェックインを済ませて大浴場で入浴して汗をながすと、夕食に繰り出すことにする。気分的には洋食を食べたかったのだが、残念ながら近くには洋食屋はない模様。仕方ないので近くの海鮮料理店「とも吉」に入店する。

f:id:ksagi:20190825123332j:plain

ホテル近くのとも吉

 ドリンクはノンアルコールの梅酒ソーダを注文。料理は「カンパチの刺身」「鯛尽くし」「焼き岩ガキ」を注文。梅酒ソーダを頂きながら料理を待っていたら、ノンアルコールのはずなのに何となく酔いが回って来る。

f:id:ksagi:20190825123351j:plain

つきだし

f:id:ksagi:20190825123422j:plain

ノンアルコールの梅酒ソーダ

f:id:ksagi:20190825123444j:plain

カンパチの刺身

f:id:ksagi:20190825123456j:plain

鯛尽くし

f:id:ksagi:20190825123507j:plain

焼き岩牡蠣

 酔いが回ってきたところでメニューに「カワハギの姿造り」があることに気付く。結構なお値段がする(2500円ほど)。しかし酔いが回ってきている私は勢いでこれに「車エビの刺身」を加えて追加注文。

f:id:ksagi:20190825123534j:plain

カワハギの姿作りと車エビの刺身

 後は怒涛のように食いまくる。美味い。魚の鮮度も良い。やはりカワハギは偉大だ。この肝のコッテリとしたたまらない風味。

 結局は夕食を堪能したのだが、支払いはカワハギが祟って6000円以上。やってしまった・・・。まあ週末のストレス解消ということにしておこう・・・。

 ホテルに戻ると再び入浴して、この日は比較的早めに床につく。