徒然草枕

クラシックのコンサートや展覧会の感想など、さらには山城から鉄道など脈絡のない趣味の網羅

関西フィルハーモニー管弦楽団 第285回定期演奏会

 今日は大阪で関西フィルのコンサート。どうもここのところはライブ連チャンで疲労気味だが、スケジュールが決まってしまっているものは仕方ない。仕事を終えると大阪に移動する。幸いだったのは天気が悪くなかったこと。昨日は雨で大変だったが、今日は雨の様子はない。ちょうど間の日が雨になったようである。やはり日頃の行いが良いとこういう時に・・・。

 大阪に着くと夕食だが、面倒なのでいつものように「上等カレー」カツカレーを頂く。正直もう大分飽きてきたが、かと言って代案がないのがツラいところ。

 

関西フィルハーモニー管弦楽団 第285回定期演奏会

[指揮]ディエゴ・マルティン・エチェバリア
[ホルン]シュテファン・ドール
[管弦楽]関西フィルハーモニー管弦楽団

モーツァルト:ホルン協奏曲第3番 変ホ長調 K.447
R.シュトラウス:ホルン協奏曲第2番 変ホ長調
シューマン:交響曲第2番 ハ長調 op.61

 先の名古屋に続いてまたもシュテファン・ドールのホルンであるが、さすがにすごいテクニックである。前半はドールのワンマンショーと言って良いような内容。

 どうもドールのホルンだけが目的だった客も少なくないようで、後半になると客の人数が若干減ったのが見て取れる。しかしどうしてどうしてエチェバリアによるシューマンもなかなかの名演である。決してわざとらしくならない程度にメリハリを加えつつ、活力に溢れたシューマンを演奏した。シューマンの交響曲はその構成の甘さから、下手をすると眠たい曲になりかねないのであるが、見事に魅力的な曲として表現していた。また関西フィルの特性を活かしつつ、その実力を引き出していた印象。なかなかのものである。

 

 疲労の局地であったが、コンサート内容には十分に満足して家路につくことが出来たのである。もう年齢を考えて過密スケジュールは避けるべきなんだろうな・・・。