徒然草枕

クラシックのコンサートや展覧会の感想など、さらには山城から鉄道など脈絡のない趣味の網羅

九州方面遠征 山城巡りツアー

 一昨日に東京・滋賀から帰ってきたところだが、早速今日からまた大型遠征である。この時期は私の職場は数年に一回、設備メンテナンスのための大規模停電が発生するので、その間は会社に出てきても仕事にならないので関係者以外は有給を取って休めということになっている。そこでこの時期に合わせて遠征計画を立案していたのである。そもそもの計画としては当初からこの遠征計画が先にあって、東京出張が後から入ってきたせいでかなりドタバタしてしまった次第。今回の遠征先は九州。平日の休みを利用して九州地区の温泉を巡りつつ、水城などの九州で未調査の続100名城等を視察しようという考えである。

 出発は火曜の昼。既に今日の午後から一週間休みを取得してある。神戸空港からスカイマークで長崎に飛ぶ予定。目下のところは九州に上陸する最も安価な方法はこれである(高速バスなどもあるかもしれないが、私には無理)。 

いざ! 長崎へ

 神戸空港に到着すると、とりあえずの昼食としてうどんをとってから出発ゲートへ。私の荷物に怪しい機械類が多すぎるせいで荷物検査で引っかかるが、カメラやpomeraなどを出したら納得される。恐らく私がカメラマンか記者辺りであると判断したのだろう。どうも私は以前からフリーの記者などとよく間違われる。どうやら私がその手の怪しいオーラを出しているらしい。それから以前からよく言われる「仕事の時は遊んでいるようで、遊んでいる時は仕事のよう」ということも関係するのだろう。

 長崎便は定時通りにスムーズに神戸空港を出て、長崎空港にも予定通りに到着。天候も概ね良好で上々の滑り出しである。長崎空港からはリムジンバスで長崎市街まで移動する。

f:id:ksagi:20190623115332j:plain

長崎に到着した

 長崎新地バスターミナルに到着したのは17時頃。さて今日の宿泊ホテルだが、ドーミーイン長崎を予約してある。ドーミーインは高いのと一杯だったことから今回は別のホテルを予約していたのだが、直前になってドーミーインからリーズナブルなプランが出てきたことで急遽予約を変更。やはりここのホテルは大浴場にアドバンテージがある。

f:id:ksagi:20190623115348j:plain

ドーミーイン長崎

 ホテルにチェックインして一息つくと、近場の散策に出る。まずは長崎のファーストフード角煮マンをゲット。やはり長崎と言えばこれ。

f:id:ksagi:20190623115407j:plain

長崎名物角煮マン

 次は中華街をプラプラと散策。平日でまだ夕食時間よりは若干早いと言うことでか、今日の中華街は結構閑散としている。また火曜日に休みの店も多い模様。

f:id:ksagi:20190623115421j:plain

中華街は閑散としている

 中華街をプラプラしている内に、まだ若干早めだがもう夕食にしようかと思いつく。入店したのは馬鹿の一つ覚えの「京華園」。注文したのも馬鹿の一つ覚えセットの「ちゃんぽん」「炒飯」「杏仁豆腐」

f:id:ksagi:20190623115448j:plain

京華園

 ちゃんぽんにしても炒飯にしても、実際にはここよりも美味しい店はあるはずだと思うのだが、なぜかここの店の味は私のツボなのである。また爽やかな杏仁豆腐が良い。結局はここの料理を食べている時が一番「ああ、長崎に来たな」と感じるのが本音。長崎に長期滞在するならもう少し別のものを選択することも考えられたが、今回は明日の朝にすぐに長崎を出るのでやはり夕食は無難に定番どころといったところ。

f:id:ksagi:20190623115501j:plain

野菜タップリのチャンポン

f:id:ksagi:20190623115528j:plain

私好みの炒飯

f:id:ksagi:20190623115542j:plain

爽やかな杏仁豆腐

  夕食を終えてホテルに戻ると大浴場で入浴。ここの大浴場は温泉でなくてただの新湯だが、それでも大浴場は快適である。

 風呂から上がるとテレビを見てボンヤリ過ごすことに。東大生の作ったクイズとやらをやっていたが、以前見た時にも感じたが、このクイズはやけに簡単なんだよな・・・。所詮は東大生の発想なんてしれているということか。発想が常識の域からはみださない。

 そのうちに急激な眠気が押し寄せてくる。やはり昨週来からの疲労がかなりあるようだ。この日は少し早めに就寝する。