徒然草枕

クラシックのコンサートや展覧会の感想など、さらには山城から鉄道など脈絡のない趣味の網羅

養老温泉より帰宅

 翌朝は7時頃に目が覚めた。やはり昨日の城攻めが堪えたか、夜中には腰痛と体の各所の痛みで苦しめられた。今朝もまだ両足がだるい。体力的にはかなり余裕を残したつもりだったのにこのざまとは情けない。

f:id:ksagi:20190310180133j:plain

バイキング朝食

 朝食はレストランでバイキング。決して品数が多いとは言えないが、和洋両対応のまずまずの内容。全般的にこのホテルは当たりだった。

 朝食を終えると大浴場で入浴をする。源泉風呂で体をじっくり温める。快適至極。そのままチェックアウト時刻の11時近くまで風呂や部屋でマッタリ。今日はそもそも帰宅することしか予定に入れていない。当初予定では場合によっては彦根にでも寄り道をと考えていたが、欲張って無理をしてもろくなことがないと結論した次第。

 11時前にホテルをチェックアウトすると、養老SAのスマートICから名神高速に乗って帰宅の途へ。途中で昼食のために大津SAに立ち寄る。ここで「すき焼き丼」(と言っているが、一般的にはこれは他人丼で良いのでは?)を昼食に摂る。なお土産物売り場をうろついていたら、往路で見つけた「くうや観助餅」がここで売っていたので土産物に購入する。確か「上り側では売っていない」と宣伝していたが、多賀SAでは売っていないとしても、大津SAでは売っていたか。

f:id:ksagi:20190310180224j:plain
f:id:ksagi:20190310180240j:plain
昼食と土産のくうや観助餅

 腹が膨れたところで再び出発。帰りは途中で渋滞に出くわしたり、吹田JCTのところで道を間違ったり(カーナビの地図が新名神に対応していないせい)などのドタバタはあったが、ほぼ予定通りに自宅へと無事に到着したのである。

 

 これで宿題だった続100名城視察は完了。ただ今回、可児市地域の城郭を攻略したが、今回はさわり程度で難易度の高い城郭いくつかはスルーしている。その辺りは今後の私の回復度を測りながらというところか。今回の感触では今の私の体調の回復度はまだ7割というところ。ただ先の九州遠征では天候に妨げられたせいで城郭巡りはかなり中途半端になってしまったが、今回は天候にも恵まれてなかなか充実した内容となった。今後は体調の回復を図りつつも、近場の城郭を中心にコツコツと回っていくことにするか。やはり久しぶりの城郭巡りで、私の本領はやはりこれだなと確認したこともあったので。