徒然草枕

クラシックのコンサートや展覧会の感想など、さらには山城から鉄道など脈絡のない趣味の網羅

ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラ 第7回兵庫公演

 2019年度初のコンサートは、西ノ宮へジャパン・ヴィルトーゾ・シンフォニー・オーケストラのコンサートを聴きに行くことにした。またさらに広島へと移動して、広響のニューイヤーコンサート及びひろしま美術館での展覧会を見に行く予定でプランニング。

 4日の昼頃に家を出るが、頭にはまだ正月ぼけが残っている上に新年早々腰の具合が悪く、右足にしびれが出ている状態。杖をついての移動になってしまう。どうも前途多難である。ようやくたどり着いたホールは大入り。見渡す限り座席はほぼ埋まっている。

ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラ 第7回兵庫公演

指揮:大友直人

ギター:村治佳織

スッペ:「軽騎兵」序曲
ヴェルディ:「運命の力」序曲
ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
ベルリオーズ幻想交響曲

 何ともご大層な名前のオケだが、要は関東オケからコンマスや首席クラスの奏者をかき集めた選抜オケということのようだ。名簿を見るとN響、読響、都響、東フィル、東響、日フィル、新日フィル、神奈川フィルなどのメンバーが名を連ね、さらに群響、仙台響のコンマスなども加わっている。さすがに一定レベル以上の奏者を集めただけあり、各パート共に音色も音量もかなりのものがある。

 その特性が遺憾なく発揮されたのが一曲目の軽騎兵と二曲目の運命の力。日本のオケとは思えないような華々しく力強い金管にしっとりと安定した弦でかなり華やかかつ豪快な演奏となった。

 アランフェスは村治のギターにつきるだろう。なかなかに叙情あるロマンチックな演奏であり、オケもその演奏を支えた。

 さてメインの幻想交響曲だが、元々かなり陽性であるこのオケの音色と結構あっさりした大友の指揮の相乗効果で、華々しくはあるがこの曲特有のドロドロした情念が欠けた演奏になってしまったきらいがある。うまさは感じるのだが今ひとつ感動にはつながらなかった印象。

 むしろ良かったのは、アンコールで演奏されたファランドール。やはりこういう祝祭的な派手派手な曲の方がこのオケには合うようである。力強い金管を中心に安定した抜群のアンサンブルで曲を大いに盛り上げた。


 コンサート終了後には新幹線で広島に移動。移動には交通費節約のため、おとなびWEB早得切符を使用することにしている。50歳以上限定のこの切符は交通費の節約には有効な手段だが、問題は事前に乗車列車を指定で購入して変更不可であること。そうなるとコンサートが何時に終わるかを読んで切符を購入する必要がある。

 通常ならコンサートの時間には2時間を想定するのが普通。となれば終演は18時半で新神戸駅を19時台に出る便となるのだが、私は今回は新年コンサートという状況を考慮に入れて公演時間がやや長くなるのではないかと推測していた。実際のコンサート終了は19時頃で公演時間は2時間半。私の読みが当たったというところか。

 新幹線は20時台のさくらを予約している。のぞみの狭いシートに乗るよりもさくらの広いシートで移動したいと思ってあえて選んだ次第。今からの移動で時間的には十分に間に合うが、かといって時間に余裕があると言うほどではない。またこの時期に恐れるのは、駅の券売機の前に大行列が出来ている可能性。チケット受け取りで何十分も待たされることになれば一大事である。そのようなあらゆるリスクを考慮した結果、新神戸駅に直行することにする。

 新神戸駅には乗客は結構いるが、幸いにして券売機に行列が出来ている状態ではない。問題なく切符を受け取ると乗車までの40分強の時間で夕食を摂っておくことにする。

 入店したのは新神戸駅内の「洋食屋自由亭」。今時全面喫煙可という正気と思えないような経営方針を掲げているが、幸いにして私が入店した時には店内にはニコチン中毒患者は一人もいなかった。やはり今は社会的に喫煙者がマイノリティーになっているようだ。注文したのはA定食

f:id:ksagi:20190305130608j:plain

A定食

 ステーキ(と言っても厚さは焼き肉レベルだが)とエビフライと魚フライを組み合わせた定食。味は悪くはない。ただ味付けに若干繊細さが欠けるように感じられるのは、全面喫煙可というこの店の方針と無関係ではないように思われる。

 夕食を終えるとさくらに乗車する。さくらの指定席シートは2+2でのぞみのグリーン車からフットレストを除いたというような構造なので非常に快適である。これに乗ったらクソ狭いのぞみの指定席なんて乗りたくなくなる。

 広島へは1時間で到着する。今日の宿泊ホテルはアークホテル広島。ルートイン系列のホテルで建物はやや古いが安価な宿泊費に大浴場付きという私向けのホテル。

 チェックインを済ませると大浴場で入浴。風呂上がりにマッタリしてテレビをつけると「ナウシカ」を放送中。思わず見入ってしまう。何度見ても本気で泣ける映画。「その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし」のシーンになると反射的にがん泣きしてしまう。

 ナウシカが終わった頃には眠気がやって来るので就寝する。