徒然草枕

クラシックのコンサートや展覧会の感想など、さらには山城から鉄道など脈絡のない趣味の網羅

大阪交響楽団第225回定期演奏会

 今週は大阪での仕事のついでにコンサートに出向くことにした。

 木曜日の仕事を終えるとホールに直行。今日はザ・シンフォニーホールでの大阪交響楽団の公演を聴きに行く。ホールに到着したのがギリギリぐらいなので夕食を摂る暇がなく、途中のコンビニでおにぎりを一つ買って急場をしのぐ。今回わざわざこの公演に来たのは曲目がマーラー交響曲第3番だからなのだが、同様の客が多いのか場内は結構の入りである。なお合唱団までステージ上に並べたのでステージの上はギチギチ。下手するとヴァイオリンがステージから落ちそうなぐらい。

大阪交響楽団 第225回定期演奏会

[指揮]寺岡清高

[アルト]福原寿美枝

[女声合唱]関西二期会合唱団/大阪響コーラス

[児童合唱]堺市少年少女合唱団・堺リーブズハーモニー

     堺シティオペラキッズコーラス

清教学園中・高等学校合唱部

[合唱指揮]中村貴志

マーラー交響曲 第3番 ニ短調

 初っ端から増強してある金管陣がかなり派手な演奏を繰り広げる。金管はかなり元気だし、それに併せて木管もかなり元気。ただ14編成にまで拡大しているのにも関わらず弦楽陣、特にヴァイオリンが貧弱。おかげで管楽器だけが聞こえてきてブラスバンド状態。弦で聞こえてくるのはチェロやコントラバスのような低弦だけというアンバランスさ。第一楽章は終始そんな状態だったのだが、続く第二楽章でも弦の貧弱さがひびく。美しく旋律を奏でるべきところで音色は濁る上に響きがヒステリック。おかげでゆったりと落ち着くことが出来ない。

 合唱はかなり頑張っていたのだが、オケに関しては最後までしっくりとこなかった。精彩を欠く弦に音が割れてしまっている木管と言った具合で、金管だけが孤軍奮闘(と言うか、皮肉にも頑張りすぎているのが全体のバランスの悪さに拍車をかけている)という状況のちぐはぐな演奏に終始した感がある。なお金管も細かい演奏では音程の揺れなどがあったり、斉奏の際に変な音が聞こえてきたりなど残念ながら全体を通じて技量の低さを痛感させられる場面は多々あった。

 結局は技倆的にやはり今ひとつだなという印象を拭いきれなかったというところ。大阪交響楽団の限界が見えたような気がした。意欲的なプログラムは良かったのだが・・・。

 

 公演を終えるとホテルに向かう前に夕食を摂っておくことにする。入店したのは「ラーメン人生JET」。で「鳥煮込みつけ麺の大盛り(980円)」を注文。ややこってりしたスープがなかなかに美味。空腹に染みいる感覚である。

f:id:ksagi:20190305123720j:plain

ラーメン人生JET

f:id:ksagi:20190305132422j:plain

鳥煮込みつけ麺

 夕食を終えるとホテルに向かう。今日の宿泊先は例のごとくに新今宮ホテルサンプラザ2ANNEX。ホテルに到着した時にはもう22時過ぎなので、この日はシャワーを浴びる気力もなくすぐに寝るだけになる。