徒然草枕

クラシックのコンサートや展覧会の感想など、さらには山城から鉄道など脈絡のない趣味の網羅

NHK大河ドラマ「斎藤道三」最終回・・・でなくて「麒麟がくる」第17話

 大河ドラマもいよいよ序盤の最大の山場である斎藤道三の最期がやって来た。ここに向けてドラマの方も盛り上げてきている。とは言うものの、正直な感想を言うとどことなくあちこち締まらなかったなというのが私の本音。

 

今ひとつピリッとしない合戦シーン

 長良川の合戦シーンではエキストラも動員してドローンを使用した空撮(これは最初の頃の織田信秀との合戦でも多用していた)を駆使してのかなり気合いの入った撮影・・・を行っていたようなんだが、初期の合戦シーンでも感じたが、どうも生きるか死ぬかの切迫感が伝わってこず、所詮はあちこちの地方の古戦場なんかである「合戦ごっこ祭」のように見えてくるのは何だろうか・・・。エキストラからいわゆる殺し合いをしているという緊張感が全く伝わってこない。また以前から気になっているのだが、どうもこの番組、緊迫感の演出自身が今ひとつである。どちらかと言えば常にホームドラマくさい。

 

道三の最期の描き方はもっと盛り上げを

 圧倒的不利な状況の中で突然に単騎駆けして、義龍の元に現れて一騎討ちを申し込む道三とそれを受ける義龍というこれまたあり得ないシチエーションが登場するのであるが、史実的には無茶でもこれはドラマの演出としては一応許容範囲内。ここで対立した父と子の本音がぶつかり合うという見せ場のシーンなんだが、盛り上がるはずのシーンで今ひとつしらけてしまったのはなんだろうか。やはりここではもっと両者が腹の中をさらけ出してぶつけ合うぐらいの展開が欲しかった。義龍から「あんたは俺のことを最後まで認めなかった。俺をここまで追い込んだのはあんただ。」ぐらいの絶叫とかがあっても良かった気がするし、それに対して道三の最期は「皮肉なものだな。お前の実力に気付かされるのが最後の最後の時だったとはな・・・」ぐらいの台詞が欲しかったところ。そもそもホームドラマ色の強い大河であるから、もっと父子の感情の行き違いの悲劇のようなものを正面に出しても良かった気がする。

 

理解しにくい帰蝶の立場に存在感の微妙な信長

 織田信長の描き方も中途半端であったし、帰蝶も何を考えているか今ひとつ不明だった。今回のこのドラマの描き方だと、帰蝶が裏で煽った結果として、弟たちは命を落とし、道三も無謀な戦いに突入したという形になっている。何を考えて帰蝶がそういうことをしてしまったのかというのが、今回の脚本と帰蝶の演技からは全く伝わってこなかった。正直なところ、帰蝶が予期せぬ形の悲劇になってしまったのか、ある程度その方向に意図的に誘導したのかも不明。その結果、脇でウロチョロしていただけに見えた信長の小者感が半端ない羽目になってしまった。

 

主人公の存在感のなさに緊迫感のなさ

 また主人公の存在感の限りない軽さ。結局は何もしないで戦場を走り抜けていただけで、しかも道三が殺された直後に義龍の前に現れて敵対宣言をしていくというあり得なさ。さらには今にも義龍勢に明智城が攻められて落城するかという緊迫するシーンであるはずなのに、延々と家臣との別れを告げていたり、挙げ句は母親が自分は行かないと突然にごて始めるという緊迫感皆無の展開。熙子も相変わらずのんびりしたもので、危機感のかけらも感じられない。一体義龍軍はどれだけのんびりしてるんだという気がした。これだと光秀を無理矢理に義龍の元に行かせず、義龍は光秀と袂を分かつことになったことを内心で残念に感じつつ明智城総攻撃を命じる形にした方が良かった。そして義龍自身がわざと引き延ばしを図って、光秀が逃亡したことを知ってから総攻撃をさせるという形にするのが正解のような気がするのだが。

 

 ホームドラマとして描くのなら、あくまでホームドラマとしてもう少し各人の内心を丁寧に描くべきだし、歴史ドラマとして描くなら、やはり生きるか死ぬかの場面はもっと緊迫感を持たせるべきだしというわけで、私としては今回は「万事が中途半端」という感を強く受けた。さてこれから光秀浪人編に入るわけで、下手したらもっとドラマが弛緩しかねない危険を秘めているのであるが、どうなるやら。ここまで「それなりに無難に進めていた」と感じていたこのドラマだが、正直なところここに来て不安が増してきた。