徒然草枕

クラシックのコンサートや展覧会の感想など、さらには山城から鉄道など脈絡のない趣味の網羅

デカダンス 第7話「driveshaft」

ついにカブラギが立ち上がる

 カブラギが別キャラクターとしてデカダンスにログインし、ナツメと再び出会うという話。別人になってしまっているからナツキには分からないが(にも関わらず、どことなくカブラギのようだと感じている風はある)、ペットは見かけに関係なしに誰であるかが分かっているというのはお約束パターンである。

 今回の肝は、ドンドンと過酷になっていく状況の中でもナツキがどうにかしようと前向きに頑張っている姿を見て、ついにカブラギも一大決心をするという展開。どうやらとうとうゲーム自体をひっくり返す気になった模様。まあそういう展開になるのは推測付いていたが、そうなった時には明らかに二重構造になっているこの世界はどうなるんだろう? 私はまだこの世界をどうもよく把握していないのだが、あのサイボーグ達はタンカー達が居住している下の階にいるのか? そしてログインして一部のキャラクターを遠隔操作している? ちょっとそこのところが今ひとつ理解できていないので、これからカブラギが行う破壊工作が、ナツキのいる世界にどう影響してくるのかが今ひとつ理解しにくい。外界までコントロールしているらしきところを見ると、全く別世界に存在しているようにも感じられるのだが。

 なおナツキがタンカー達の協力を得て、デカダンスの穴の修復を始めるというのは、シナリオに想定されていなかったイレギュラーであることが匂わされている。これはナツキ自身がバグであることから、バグの影響が管理の範囲を超えてデカダンスの世界を変え始めているという伏線だろう。いずれは管理者に対して、タンカー全体が立ち上がるという展開になるんだろうと予測するところであるが。作品のテーマは何なんだろうな? 仕組まれた運命に対する抵抗? こんなクソゲーみたいな世界なんてリセットだ!! ってやつ?

次話はこちら

www.ksagi.work