徒然草枕

クラシックのコンサートや展覧会の感想など、さらには山城から鉄道など脈絡のない趣味の網羅

札幌コンサートツアー(エリシュカファイナル)

 この週末は札幌まで飛ぶことになった。と言うのはドクターストップをおして来日したエリシュカの最後の公演を聴きに行くため。エリシュカの公演と言えば、先週に大フィルとの組み合わせでドボルザークの6番の名演を聴いたところであるが、今回はエリシュカが初来日した時の相手である札幌交響楽団と共に、その時のプログラムである「シェエラザード」を演奏することになった次第。これは最初から万感迫る名演になること確実。東京方面からも大勢が札幌に押しかけており、チケットもほぼ完売という大盛況である。私もチケットの一般発売日に慌てて何とかチケットを確保している。ただ急遽の予定だったため、金曜日の公演を聴いてから翌日に近畿にとんぼ返りしてびわ湖ホールのオペラを聴きに行くというハードスケジュールである。本来なら週末に札幌か函館辺りでゆっくりしてといきたいところなのだが。

神戸空港からスカイマークで札幌へ

 木曜日の仕事を早めに終えると、神戸空港まで急いで移動。ここからスカイマークで札幌まで飛ぶことになっている。しかし空港に到着したら「使用機体の到着遅れによる遅延」とのことで出発が30分遅れ。これならもっとゆっくりと出てきたら良かった。毎度の事ながらスカイマークならではである。30分遅れまではいわゆる「スカイマーク定時」。スカイマークは乗り降りのゴタゴタなどで常に出発が遅れていくから、その日の遅い便ほど遅れが大きくなる傾向がある。

 当初予定では空港では軽くうどんでも腹に入れておいて、札幌に着いてから夕食を摂るつもりだったのだが、これだと札幌に何時に着くやら分からない。仕方ないのでとりあえず「神戸洋食キッチン」でしっかりと夕食を摂っておくことにする。こんなことなら空港に直行せずに三ノ宮で食事してきたのだが・・・。

 注文したのは「アンガスビーフのステーキ膳(2030円)」。味はともかくとして、CPが激烈に悪いのは仕方のないところ。空港ビルの向かいにレストランでも進出してこないだろうか・・・。神戸空港はあまりに何もなさ過ぎる。

f:id:ksagi:20190815170454j:plain

アンガスビーフのステーキ膳

 夕食を摂るとしばしこの原稿を執筆しながら時間つぶし。まだ出発まで1時間近くあるし、30分遅れというのは目下の「予定」であって、実際にこれがさらに延びないという保証もない。こういう時が一番困る。とりあえず40分前にゲートをくぐってから、また時間つぶし。

 40分ほど待ってようやく飛行機に乗り込むが、その後は2時間弱の退屈な時間。気がつけばウトウトしたまま札幌に到着する。

 

札幌で夕食を摂ることに

 空港に到着したのは夜の8時頃。さすがに札幌は冷やっとしている。暑い思いをして一番分厚いダウンジャケットを羽織ってきたのだが、やはりこちらでは野外はこれで十分の寒さ。ただし屋内は暖房を効かせているので汗ばんでしまう。屋内で汗ばんだまま外に出ると、その汗が冷えて凍りそうになるという最悪の状況。

 空港快速で札幌に到着したのは夜の9時頃。とりあえずホテルにチェックインする。宿泊ホテルは私の札幌での定宿の一つ、ルートイン札幌駅前北口。

f:id:ksagi:20190815170555j:plain

ルートインポンタがお出迎え

 ホテルに荷物を置くと夕食パート2のために駅に繰り出す。やはり札幌まで来ておいて夕食が神戸空港では悲しすぎるというものである。立ち寄ったのはJRタワーの回転寿司屋「根室花まる」。実は今まで何度もこの寿司屋の前を通っているが、いつも大行列なので敬遠してきた次第。今日は平日のもう夜遅くなので、今だと行列も大したことがないだろうとの読み。予想に反して10組ぐらいの待ちがあったが、回転が早いので10分程度で入店できる。

f:id:ksagi:20190815170627j:plain

大人気の根室花まる

 適当に寿司を9皿ほどつまむ。ネタはなかなか良い。ただ握りとしての技はなく、斜里がボロボロ崩れたりする。この辺りは回転寿司か。また私が好きな貝類がすべて売り切れていたのは残念。店内は結構狭く、カウンター席などはギチギチの中でひたすら寿司を腹に放り込むというところ。店内は活気があるというべきか、うるさいと言うべきか。ちなみに締めにかしわそばを頼んだのだが、これが意外にうまい。これだけ食べて支払いが2500円ほどというのはCPは非常に良い。これは確かに行列が出来るわけではある。こういう寿司屋に行くと、くら寿司なんかは行けなくなる。

f:id:ksagi:20190815170654j:plain

寿司を諸々つまむことに
f:id:ksagi:20190815170711j:plain
f:id:ksagi:20190815170713j:plain
f:id:ksagi:20190815170721j:plain
f:id:ksagi:20190815170726j:plain
f:id:ksagi:20190815170740j:plain
f:id:ksagi:20190815170743j:plain

f:id:ksagi:20190815170805j:plain

このそばが意外にうまかった

 

 夕食パート2を済ませてホテルに戻ってくると大浴場でマッタリ。これがあってのルートイン。やはり手足を伸ばして入浴できる風呂は一番である。

 風呂上がりはテレビを見るが、ろくなニュースがない。先の選挙で惨敗した維新と希望は早くも内部がガタガタしてきたようだ。まあこれは予想通り。維新は橋下の希望は小池の個人商店みたいなものなのだが、両人とも明らかに力量がないのだから逆境になったらメッキが剥がれるのも当然。橋下はなんだかんだ偉そうに言いながら、その実は泥船化しつつある維新から逃げをはかっているし、小池は所詮は常に権力者に寄り添う政界芸者、独力で生きていけるわけもない。今回は選挙で確保した議席を携えて安倍にすり寄るつもりだったんだろうが、それが選挙民に見透かされてしまったのが今回の結果。やはり人の器量は逆境でこそ現れる。こいつらや馬鹿ボン総理を含めて、とにかく人の上に立つべきでないような輩ばかりがトップに立ってしまっているのが今の日本の不幸。こんな連中に日本を支配させるぐらいなら、いっそ私が支配した方が・・・「キルヒアイス、宇宙を手に入れたくなってきた」。

 夜が更けると共にどっと疲れが出てくるので、この日は11時頃には就寝する。