徒然草枕

クラシックのコンサートや展覧会の感想など、さらには山城から鉄道など脈絡のない趣味の網羅

デカダンス 第10話「brake system」

混乱するナツメと自らの選択を噛みしめるカブラギ

 いきなり背負ってしまったこの世界の真実の重さに精神不安定になるナツメ。まあ当然だわな。思ってもいなかったことだし、信じられるような内容でない。しかし自分が実際に見た光景を考えると信じないわけにも行かない。やけになったり、現実逃避的になるのもまあ当然な反応ではある。そもそもナツメは何のために生きていけば良いかを見失ってしまった状態にある。

     
予約特典付きBlue-rayをAmazonにて予約販売中

 そんなナツメを置いたまま、自分の家に戻ってきたカブラギが最初に見たのはパイプの消滅した跡。やっぱりあの時のカブラギの態度は今生の別れだったんだな。このシーン、結構ジーンときますね。カブラギ自身が自分の行った選択の重さを噛みしめている感じで。

 そしてカブラギは本体を守るためにログアウトすることに。で、ドナテロ組は一斉逃亡。しかし以前にゲーム警察のがさ入れで全滅したかと思っていたんだが、意外に仲間が生き残ってたんだな。それにしてもドナテロって、サイボーグ体自体もあまりに無双すぎだろ。カブラギが背中のロケット以外に特別な能力があるように見えないのとえらく違う。

 迷走するナツメを鎮めたのがクレナイというのがこれまたお約束。あまりの事実にカブラギに対しての不信感が爆発していたナツメが再びカブラギと行動を共にする決意をする。まあそうなるだろうな。ここでヒロインが引き籠もって「逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ」って呟いているようなら作品が暗すぎる(笑)。それにしてもカブラギが手紙を残しているってのが、これまたいかにもレトロな感じで、このキャラらしい。

 

さらに怒濤の展開が来るが、全く先が読めん

 そして再会する二人ですが、そこに当然のように現れたお邪魔虫。まああいつが現れるのは予想通りです。カブラギは呆気なくやられてしまって強制ログアウト。本体がデカダンスから離れた位置にいる状態ではどうしようもないんですが、この危機からナツメがどうやって逃げ延びるのかというのが次回のまず最初ですね。あのアジトからでは適当な素体にログインするというのは出来ないのかな?

 外には巨大化したガドルの生き残りというか、あそこまで来ると一種の変種のような気がする。それが乱入してきてそのどさくさにナツキが逃げるというパターンかな。あいつの討伐には人間とサイボーグの両方が参戦するという展開もありそう。それにしてもあの巨大ガドル、顔面アップが出てきたらまるっきり巨神兵だ。確かにそれ並みの破壊力持ってそうだが。

 で、カブラギの最終目的はシステムそのものを破壊すること。もうこの世界のメカニズムを徹底して破壊するつもりだな。だけど、それでこの世界は成立するの? そこだけが最大の疑問。システムを破壊したらカブラギたちの存在自体が消滅してしまいましたなんてオチもあり得る。

 

次話はこちら

www.ksagi.work

前話はこちら

www.ksagi.work