徒然草枕

クラシックのコンサートや展覧会の感想など、さらには山城から鉄道など脈絡のない趣味の網羅

大阪フィルハーモニー交響楽団 第512回定期演奏会

 今日は大阪出張のついでにフェスティバルホールで開催される大フィルのコンサートへ出かける。エリシュカのドクターストップをおしての最後の来日とのことで、ホール内はほぼ満席の状態。

大阪フィルハーモニー交響楽団 第512回定期演奏会

指揮/ラドミル・エリシュカ
独唱/木下美穂子(ソプラノ)、青山貴(バリトン)
合唱/大阪フィルハーモニー合唱団(合唱指揮:福島章恭)

曲目/ドヴォルザーク:テ・デウム 作品103
          :交響曲第6番 ニ長調 作品60

 エリシュカの最後の来日となるコンサート。プログラムはオールドボルザークだが、国内では知名度の低い地味曲ばかり、しかしそれにも関わらず、エリシュカが指揮すると細かい表現が非常に緻密かつ表情豊かで、飽きさせることなく観客を引きつける。

 メインのドボルザークの6番などは、曲の完成度の点では7番以降に比べると劣るのは明らかで、冗長な部分も多く下手をすると退屈きわまりない曲になりかねないのだが、エリシュカは細かい表現を加えて、この曲が描くチェコの自然のようなものをありありと浮かび上がらせてくる。その辺りはさすがに見事であり、またエリシュカの要求に的確に応えていた大フィルの演奏もなかなかのものであった。

 最後は場内総立ちでエリシュカに対して暖かい拍手が注がれる心温まるコンサートとなったのである。やっぱりライブは良いなということを久々に強く感じさせられるコンサートであった。

 

 コンサート終了後はホテルに移動。明日は西宮でのケルン放送交響楽団のコンサートに出向くため、大阪で宿泊することにしている。宿泊ホテルは新今宮のホテル中央オアシス。ホテルチェックイン前にファミマでお茶や明日の朝食を購入。支払額は666円。これは「Oh! my God!」と叫ぶべきか(笑)。

 ホテルにチェックインすると入浴。私が泊まった部屋はトイレと風呂がセパレートになっているタイプ。また今回はツインの部屋を回してくれたようで広い部屋である。浴槽に湯を張ってから入浴。バスタブは決して大きくはないが、やはりこうやって湯に浸かれるのは一番。

 風呂から上がってユッタリすると早めに就寝する。