徒然草枕

クラシックのコンサートや展覧会の感想など、さらには山城から鉄道など脈絡のない趣味の網羅

関西フィルハーモニー管弦楽団第278回定期演奏会

 この週末は札幌に飛ぶことにした。先の京都市響でのエリシュカの公演が研修のせいで行けなかったので、札幌響でのエリシュカの公演に行ってやろうとの考えである。こんな簡単に札幌に飛べるのもスカイマーク様々ではある。

 しかし金曜日は午後から急遽の大阪出張。宿泊用のキャリーを引きずっての出張となる。ようやく無事に仕事を終えたところで、今日は大阪で関西フィルのライブとなる。毎度のように大阪駅の「えん」出汁茶漬けを夕食に摂ると、キャリーを一旦大阪駅のロッカーに収容してからザ・シンフォニーホールまで歩く。

 

関西フィルハーモニー管弦楽団第278回定期演奏会

[指揮]藤岡幸夫(関西フィル首席指揮者)
[ヴァイオリン]オーギュスタン・デュメイ(関西フィル音楽監督)
[管弦楽]関西フィルハーモニー管弦楽団

バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番 Sz.112

~藤岡幸夫&関西フィル、シベリウス交響曲全曲ツィクルス第5回~
シベリウス:交響曲第2番 ニ長調 op.43

 先日、腕の不調で指揮を若手に代わったデュメイだが、本日は全く問題なくバルトークの難曲を弾きこなした。藤岡との絡みがかなり熱く、両者の良好な関係を感じさせる演奏であった。

 シベリウスについては、プレトークで藤岡が「子供を亡くしたシベリウスがその想いを込めた曲」という類いの説明をしていたが、まさにその考えに沿ったかなり熱いシベリウスであった。ここまで情熱的なシベリウス演奏を耳にするのは初めてで、賛否はあるような気もするがこれはこれで面白い演奏であった。

 関西フィルのネットリした弦は、今回のような藤岡の熱演にも十二分に応えていた。後はこれで管楽セクションがもう少し強化されると万全なんだが。

 

 ライブを終えると今日の宿泊ホテルに移動する。明日は朝一番のスカイマーク便で神戸空港から札幌に飛ぶので、ホテルは神戸にとっている。ポートアイランドのホテル辺りを取りたかったのだが、空きと価格の関係で無理。結局は大倉山のカサベライン神戸を予約。大浴場がないという点で私のホテル選択の条件に合致していないが、どうせ夜遅くのチェックイン&早朝チェックアウトなので立地と価格最重視。さすがにカプセルホテルなら熟睡できないということで選んだホテルである。

 三ノ宮で地下鉄に乗り換えて二駅。大倉山駅から徒歩3分程度。神戸文化ホールを見ていると学生の頃を思い出す。高校生の時、台風の中をN響のコンサートのためにここに来たっけ。その時のソリストが中村紘子。そしてこの時に「有名な演奏家=上手な演奏家」という式は成り立たないということを身に染みて知ることになった。純真無垢な少年が、大人の世界の諸事情の一つを知った瞬間でもある。

 ホテルにチェックインするとすぐに風呂。ユニットバスだが浴槽は大きめなのでまあ良しか。テレビをつけると「カリオストロの城」のラスト。この映画何度目だろうか? 最近はこういう作品を見ると、結局は何も成すこともできないまま年だけ取ってしまった己の情けなさを痛感して鬱になりそうになる。クラリスのような可憐な美少女のためなら、泥棒さんでなくても空を飛ぶことも湖の水を飲み干すこともできそうなんだが。

 そのままテレビをつけてボンヤリしていたら、アナザースカイが始まったが、MCが瀧本美織から中条あやみに変わったようだ。瀧本美織はジャニタレとの交際が原因で仕事を干されているとの噂があるが、ソニー損保のCM降板に続いての降板で、もうテレビの仕事は全くないのでは? あれだけゴタゴタがあるにも関わらず、未だに芸能界ではジャニーズタブーは健在か。つくづく不健全な業界である。

 入浴で火照った体がようやく冷えてきたところで、明日の早朝出発に備えて早々に就寝する。