徒然草枕

クラシックのコンサートや展覧会の感想など、さらには山城から鉄道など脈絡のない趣味の網羅

京都市交響楽団 第638回定期演奏会&「ショーン・タンの世界展」at 美術館「えき」KYOTO

 昨日は西宮のコンサートに出向いたが、今日・明日は京都と大阪のコンサートのハシゴをすることにした。京都のコンサートに行ってから大阪で宿泊する予定。何やら台風が接近中とのことでそれが気になるが、それについては出たとこ勝負である。

 土曜日の午前中に家を出ると昼前に京都に到着する。台風接近中だというのに、例によって京都は異常に人出が多い。まずは最寄りの美術館に立ち寄ることにする。

 

「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」美術館「えき」KYOTOで10/14まで

f:id:ksagi:20190923232638j:plain

 オーストラリアの作家、ショーン・タンの絵本の世界を紹介。機械とも生物とも付かない独特の形態の造形が多数並ぶ一種の異世界を形成しており、非常にインパクトのある作品群である。

 形態的に奇妙であるのだが、グロテスクの一歩手前で留まっており、女性などなら「可愛い」という表現を使いそうな妙な愛嬌がある。本展では映像作品も展示されていたのであるが、彼の造形品が動くとさらに奇妙さが増す。

 幻想的であり、それでいてどこかリアリティがあり、何やら懐かしささえ感じさせる。そんな彼の独特の世界にはまり込んでしまうと、抜け出せなくなりそうな魅力を秘めている。

 

f:id:ksagi:20190923232649j:plain

本展のために用意された作品

 

京都駅で昼食

 展覧会の終了後に昼食を摂ることにする。立ち寄ったのは「東洋亭」。到着した時には数グループの待ちがいたのでしばし待たされることになる。入店したのは10分後くらい。

 注文したのは「ビフカツのランチ」。柔らかいビフカツが最高。デザートは例によっての100年プリン。これが私の好物。

f:id:ksagi:20190923232729j:plain

いつものトマトのサラダ

f:id:ksagi:20190923232740j:plain

柔らかいビフカツ

f:id:ksagi:20190923232751j:plain

100年プリン

 昼食を堪能するとホールに移動することにする。今日のコンサートは北山の京都コンサートホールで京都市響の定期演奏会。長年首席客演だった下野が来年度からはずれるということで、今回は下野のファイナルになるようである。プレトークで下野が「変な曲ばかり扱うから京響の集客を減らすのに貢献してしまった」と言っていたが、それは同感(笑)。今回のプログラムもメインこそ「田園」とメジャー曲であるが、1曲目に下野らしい珍曲が加わっている。

 

京都市交響楽団 第638回定期演奏会

f:id:ksagi:20190923232819j:plain

[指揮]下野竜也(常任首席客演指揮者)
[ピアノ]ヤン・リシエツキ

ブルックナー(スクロヴァチェフスキ編曲):弦楽五重奏曲ヘ長調WAB112から「アダージョ」
モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番 ハ短調 K.491
ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調「田園」op.68

 1曲目は聞き慣れない曲だが美しい曲ではある。ただよく聞いていると音の重ね方などにいわゆるブルックナー節が随所に見られる。ただ正直な本音は、金管抜きのブルックナーとは、かくも眠い曲になるのかというもの(笑)。

 2曲目はリシエツキによるモーツァルト。リシエツキには早弾きの悪癖があり、以前に名古屋フィルの公演(そう言えばその時も指揮は下野だった)ではオケもついて行けないスピードで突っ走る大惨事があったのだが、今回は下野に釘でも刺されたのか、明らかにテンポに非常に気を使っている様子が覗われた。もっともカデンツァになると走りそうになり、オケと合流する前にテンポを調整しているという場面もあった。演奏自体は比較的オーソドックなもの。

 最後は下野による田園であるが、これが非常に躍動感があって生命力に満ちた名演である。またさすがに京響の技術の高さも覗わせた。音色に艶と煌めきがあってなかなかのもの。

 下野に市長からの花束贈呈と下野の挨拶の後に、アンコールは下野編曲によるプーランクの平和の祈りの曲。これが実に美しい曲で感動的。こうして大盛り上がりの内にコンサートは終わったのである。


 田園はちょうど一週間前に関西フィルでも聞いた直後なのだが、残念ながら非我の実力差は大きいと感じざるを得ないところであった。どうしてもあれだけ美しい音色を出されてしまうと完敗であるのは否定できない。

 コンサートを終えると宿泊のために大阪に移動する。京都のホテルは高すぎて泊まれないし、明日のコンサートは大阪なので例によって新今宮の定宿に泊まる予定。

 

新今宮で夕食を摂る

 新今宮に到着するとホテルに向かう前に夕食を摂ることにする。お昼にガッツリ洋食を摂っているので串カツという気分ではないので、「更科」親子丼とかけそばを注文する。

f:id:ksagi:20190923232907j:plain

更科

 そばは例によっての更科そばであっさり系。出汁は良い味を出している。親子丼が関西ではかなり異色のもので、甘みがないサッパリ系で山椒が効いている。ガチガチに固まっていない半熟系の玉子は正解。ただこれはこれで悪くはないのだが、私の好みとはやや違う。

 

f:id:ksagi:20190923232931j:plain

山椒の効いた親子丼

f:id:ksagi:20190923232944j:plain

シンプルなかけそば

 夕食を終えると途中で茶などを買い求めてからホテルにチェックインする。宿泊ホテルは私の定宿・ホテルサンプラザ2ANNEX。今日は週末価格で割高になっているが、そこはじゃらんポイントで割り引き。

f:id:ksagi:20190923233002j:plain

ホテルサンプラザ2ANNEXで宿泊

 今日は蒸し暑さのために全身汗だくなので、ホテルに入るとまずは大浴場で入浴して汗を流す。ようやくサッパリした気分。

 入浴を終えるとテレビを見ながらボンヤリ。通常はこういう時にはこの原稿の入力をするのだが、今日は疲労が強くて頭がまとまらないので、ボンヤリ過ごした後は早めに就寝することにする。