徒然草枕

クラシックのコンサートや展覧会の感想など、さらには山城から鉄道など脈絡のない趣味の網羅

麒麟がくる第22話「今日よりの再開」・・・でなくて「京よりの使者」

久しぶり登場の将軍はいじけて荒んでいた

 放送は約3ヶ月ぶりぐらいだが、番組上は4年が経過。光秀は馬を盗んだことを咎められた様子もなく(貧乏浪人がいきなり馬で桶狭間に駆けつけるなんて、盗んだとしか思えん)、相変わらずの貧乏生活をしている。そこに突然現れる細川藤孝。藤孝は京で実権がなくて完全にいじけてしまっている将軍様のお守りをお願いしに来た・・・というところ。

 ここで熙子が藤孝に魚を出すのを見て光秀が「一体こんな金どこから?」という反応を示すところが貧乏人としてはリアルなところである。で、この場で赤ん坊のお玉(後の細川ガラシャ)が細川藤孝とご対面。この辺りは後にお玉が藤孝の息子と結婚することの伏線のつもりだろう。ちなみにこの夫婦は元々は夫婦仲は悪くなかったんだが、お玉の親父のせいで暗転することになります。

 そして大者食いのお駒は今度は大和で次期将軍様と面会ですか。あり得ないほどに大者に絡む女性である。この義昭、一般的に言われている義昭のイメージと違って、かなり立派な志を持っているような描かれたか。なんですか。この人も将軍になって麒麟が来る世を目指そうとするが、信長の傀儡で何も出来なくてグレちゃんでしょうか。この調子だと、麒麟は大平の象徴でなくてまるっきり呪いの魔物だ。

 その大和では曲者松永久秀が伊呂波大夫を口説こうとして見事に撃沈しているというのがお笑い展開。こういう展開も松永久秀の今ひとつ読めないところを現そうとしているようですが、それ以上に良く分からんのが伊呂波大夫。いくらなんでもあまりに存在がスーパー過ぎる。関白がパシリとは全く以て何者だ。

 

辛うじて鉄砲玉にされるのは逃れたが・・・

 光秀は朝倉義景から京の状況を調べてくるように命じられ(お前、キチンと仕事せんかったら家族が危ないぞという脅しつき)、京に出向くが将軍の家臣連中から「恐らく三好長慶を討つことを頼まれる」と告げられる。この時の光秀の偽らざる本音は「うっわー、やべぇ、このままだと俺は鉄砲玉にされる」ってとこなんじゃないかと推察。幸いにして光秀の顔を見た将軍は、かつての志を思い出しでもしたか「三好長慶を討ったところで回りの心はさらに離れるだけ」なんて悟ったようなことを言い出して、光秀安堵というところ。だけど実際に三好長慶を討つことを命じられたら「いや、相手もう病気で寝込んでるので、放っといても長くないですから」ってサラッと言ってたりして(笑)。

 結局光秀は「信長の力を借りましょう」と尾張に行くことになったけど、確か信長は一回上洛した時に将軍なんて役にも立たんとぶち切れていたのでは? 何にせよ義輝の時には駆けつけてませんから説得は失敗は確定です。で、その間に将軍が暗殺されてしまうのかな。この前やっていた予告では、さすがに将軍はナレ死ではなくてそれなりに見せ場は作ってもらえるようだが。

 それにしても記録に何も残っていない時代だからいくらでも話を作り放題なんだが、光秀があまりにスーパー浪人過ぎるだろ。まあ大河にはよくあることだが。