徒然草枕

クラシックのコンサートや展覧会の感想など、さらには山城から鉄道など脈絡のない趣味の網羅

天晴爛漫!第10話「The Bridge to Hell」

悪の元締めが登場して話が急激に動く

 ついにギルが表に登場して怒濤の展開です。歩く暴力装置、絵に描いたようなクズというキャラです。どうやら彼にレースの妨害を依頼した者は、車は鉄道に及ばないことをアピールするのが狙いだったようですが、既に当初の目的を無茶苦茶にして単に暴力をふるいたいだけで暴走中(そもそも依頼主を列車から放り出してしまったし)。しかしこのコテコテの悪役って、これまた古典的だな。悪役をここまで胸糞悪く描くことによって、今後こいつを煮ろうが焼こうが正当化できる(笑)。

     
OP主題歌発売中

 にしてもTJもディランも脆すぎ。確かにあの鈍りっぷりだとギルに馬鹿にされるな。ただ彼らについては一度負けてから復活するというパターンだろう。この二人については多分最終的には共闘するでしょう。「ふっ、俺としたことがすっかり腑抜けてたぜ。そろそろ本気で行かせてもらおうか」なんてTJのガラでもない真面目な台詞なんかも登場する可能性あり。ディランについては過去を克服するという過程が入ってくるだろう。

 

 今後各キャラはどう動く?

 恐らくギルとの戦いはTJとディランに任せて天晴は別の道だろうな。そもそも武闘派ではないし。まあ二人の戦いを何らかの形でアシストするということはあり得るが、あんまり天晴が前面に出たら二人の見せ場がなくなるから。この作品はキャラを立てることをかなり意識しているようだから、二人のキャラの見せ場であるギルとの戦いに水を差すようなことはしないと予想する。

 天晴がするとしたら、破壊された車を急遽直すかそんなところだろうと思う。今のところは小雨が瀕死なので、まずは小雨を病院に連れて行くための足が必要。パターンとしては列車の車輌の直撃を受け(たように見せている)て完全に今は圏外にいるバッド兄弟が駆けつけるかだな。そしてホトトは小雨に付いていく(シャーレンも同行するかも)。全員の車が破壊されてしまっているから、天晴がその残ったバーツを使って車を組み立てて、それでギルを残ったみんなで追っかけるというパターンなんかもあるかも。

 何か最後はギルをぶっ倒して全員でゴールしてエンドって気もするな。その過程で多分セスが何か動くだろうと思われる。彼のキャラとして何か「粋な計らい」をするだろうと予測するんですよね。

 全12話というところだと考えると、次回から最終回にかけてギルとの戦いになり、ギルを倒してそのままレースのゴールにつながって綺麗に締めというところかな。最終的には全キャラクターがそれぞれ成長を遂げるという綺麗な話になる。ここから死屍累々なんていうぶち壊し展開は考えにくいし。

 

次話はこちら

www.ksagi.work

前話はこちら

www.ksagi.work